鎌倉で起業家コミュニティを運営する夫婦の挑戦

夫婦で会社を経営している町塚家のお二人にインタビューさせていただきました。

土肥梨恵子(どひ・りえこ)。高校の時に所属していたボランティア団体での出会いで受け身ではなく自分で事を起こして発信していきたいと思うようになる。SFCに入学後、イベントやオンラインコミュニティを通して人が出会う場を作る活動をする。大学3年次に参加したイベントで町塚さんと出会う。現在は、シェアハウスや起業支援拠点「HATSU鎌倉」などの運営に関わる。
町塚俊介(まちづか・しゅんすけ)。慶應義塾大学に進学後、組織を超えて問題意識で人が繋がるプラットフォームの実現を目指し、ワークルを立ち上げる。その時に主催した「地域活性化コンテスト」にて土肥さんと出会う。卒業後、リクルートに入社。独立後、株式会社ライフノートを創業。シェアハウスや起業支援拠点「HATSU鎌倉」の運営の他、会社のリーダー層へのコーチング、コーチ・ファシリテーターの育成等を行う。

–お2人は現在どのような活動をされているのですか?

町塚さん:共同でシェアハウスや、起業支援拠点「HATSU鎌倉」の運営等をしています。私は他にも、会社のリーダー層へのコーチングや組織開発の仕事もさせてもらっています。

土肥さん:私は、シェアハウスやHATSU鎌倉もそうですけど、様々なコミュニティのハブとなって人を繋げるような活動をしています。

–お2人はどういったことに関心があって、現在の活動をされているのですか?

土肥さん:高校の時にとあるボランティア団体に所属していました。そこで出会った人達は真剣に社会問題について考えていたり、行動を起こしたりしていました。その時に、私も受け身ではなく、自分から行動を起こして発信していく人になろうと思いました。

そういう人が多そうだと思いSFCに入学しました。しかし、実際に大学生活が始まると、意外と受け身な人が多いことに気づきました。私自身は、人との出会いを通して自分が主体的になれたという経験があったので、出会いを生み出せる場を作ることにしました。大学在学中は、イベントを主催したり、オンラインのコミュニティを作ったり、宿泊施設を作ったりしました。それの延長線上で、現在はシェアハウスの運営をしたり、鎌倉で起業家コミュニティを作るなどの活動をしています。

町塚さん:「出会いと暮らしで、人は主体的になれるのか」という挑戦だよね。

土肥さん:そうなんですよ。どういう環境と出会いがあれば人は主体的になったり、成長するんだろうということに興味があって。そういう意味では、今やっているシェアハウスの運営はまさにそれを追求できる場になっていますね。

町塚さん:僕の場合は、命を味わい尽くすという事を追求しています。それは、自分自身もそうだし、他の人にも命を味わってほしいと思っています。喜怒哀楽全てを丁寧に味わうことで、他のいろんなことに対して思いやりが出てくるんですよね。

それを具体的な形に落とし込んだのが、今運営している起業支援拠点「HATSU鎌倉」だったりするんですよ。自分がコーチングをしている起業家には、苦しいことも嬉しいことも全て含めて、人生をちゃんと味わってほしいんです。そして、苦しい時でも、他の者に対する思いやりを持ってほしい。

–お2人はシェアハウスを複数運営されてまいますよね。何かきっかけはありましたか?

土肥さん:大学生の時に町塚と出会ってから、一緒にプロジェクトを運営していました。町塚は先に就職したのですが、プロジェクト自体は続いていました。ある時、彼から会社を辞めて起業することにしたという決意を伝えられました。当時、私は鎌倉が好きでよく通っていました。町塚もカマコン(鎌倉で新しいプロジェクトを起こす集まり)に参加していました。それで、鎌倉に事業の拠点を作ってみんなで集まれたらいいよね、という話で盛り上がりました。

その時にちょうど、知り合いの会社がオフィスとして使っていた古民家が空くんだけど使わないかという話が舞いこんできました。そこをオフィスとして町塚と私の拠点として利用することになりました。

町塚さん:我々は、不動産の引きがいいんですよ(笑) 最初は事業の拠点として借りていたんですけど、見立てていた売り上げが全然立たなかったから、家賃を払うのが難しくなってきたんです。そんなときに、そこに住みたいという人がぽこんと現れて。面白いですよね。それで、事業の拠点からシェアハウスになったんです。

今そのシェアオフィスは、我々夫婦とその時に住みたいって転がり込んできたゲベっていうやつの3人で運営しているんです。夫婦プラス1だから、運営がうまくいってる気がします。

–お2人の役割分担はどうなっているのですか?

町塚さん:最近シェアハウスのなかで、キャラ図鑑というものを作っているんです。この人のキャラはこんな感じっていうのを他の住人から集めて、まとめたものです。これを見てもらえれば、僕たちの役割分担はなんとなく伝わるかな、と思います。

これをするとコミュニティの中の関係性とか役割が明らかになっておもしろい。コミュニティを作ってる人におすすめしたいです!

–シェアハウスの運営には、良いコミュニティを作ることも大事なんですね。

町塚さん:そうですね。我々は今、3つのシェアハウスを運営しています。住人は年齢こそ近いものの、価値観の多様性はかなりあります。すると、当然摩擦がめちゃくちゃ起こります。

暮らしって、かけがえがなくて、手放せないものじゃないですか。暮らしに対してはみんな妥協はできなくて、愛着を持ちたいから意見もぶつかりやすいんです。

例えば、うちのシェアハウスでは生活スタイルが違うことが原因で不和が起きたことがあるんです。我々夫婦は子供がいるので、比較的早く寝るのですが、夜に軽い宴会をやるグループもあって。それが一定の期間続くと、なんとなくお互いが良い関係じゃないような雰囲気になってくるんですね。

その時に宴会グループの一人が住人会議をしようと提案してきたんです。いい機会だと思って私たちも参加しました。でも1回の会議では全然関係はよくならず、また別の日に焚き火を囲んで会議をしたんですけど、逆に険悪なムードになってしまいました。

こういうことって、それぞれが生まれ育った家庭環境が密に関わっていたりするんですよね。それぞれが作り上げてきた価値観が多様だからこそ、いざこざが起こる。でも、めげずにお互いが理解しようと努めていると、いつかはわかり合えます。

多様性が引き起こす問題って、見て見ぬふりをすることもできるんです。今回の例でいえば、住人会議をせずにそのままの状態を放置しておくこともできる。問題に真剣に向き合ってしまうと、ときに血みどろな大変さを感じなければならなくなる。

でも自分は、そういう問題にあえて逃げずに向き合います。それは、そこから多くの学びを得られるからです。コミュニティ運営は毎日がドラマです。それが楽しい。そうやってできた深い人間関係は長く続きますよね。

–お二人は、家族のことを積極的に外部に発信していらっしゃると思うのですが、それはなぜですか?

土肥さん:大学時代に人から機会をもらったり色々と教えてもらったおかげで、今の少し変わった生活スタイルができています。また、結婚するのが同級生と比べて早いというこもあって、それを発信する任務があるように感じています。私にとって、それは全然苦じゃないし、周りの人に多様な生活スタイルがあることを知ってもらうのは良いことだと思っています。

–経営者として大切にしていることはありますか?

町塚さん:インサイド・アウトという考え方は大切にしていますね。起業家って、エネルギーが外に向かいがちだと思うんですよ。外に対しては、いい顔をしていたりとか、強そうに振舞っていても、内部ではチームがズタボロとか、本当によくある。本来は、内側で作り出された幸福感や熱が、自然と外に滲み出るというのがあるべき姿だと思うんですよ。なので、内部で熟成された価値を外に広げていくっていうことを大切にしています。自分たちは夫婦で会社を経営しているで、内部っていうのは自分たち二人のことです。だから、二人の関係性っていうのがとても重要ですね。そういう意味で、仕事と家庭の境目はないですね。

土肥さん:そうだね。ほんとに、境目はない。全部が延長線上にある感覚ですね。

–仕事をするように家庭を作り、家庭を作るように仕事をしている感じが素敵だと思いました。今日はありがとうございました。

町塚さん・土肥さん:ありがとうございました。

サムライが現代にタイムスリップして思ったこと

2019年12月26日

子どもの秘密基地を作ってわかったこと

2020年1月2日